Generate Quran Word Cloud

الواقعة

Al-Waaqia - The Inevitable

Word Cloud

あなたがたがそれ 植物 を育てるのか それともわれが育てるのか あなたがたがもし 来世の 報いを除外されているというのなら あなたがたは何故 あなたがたが雲から 雨を 降らせるのか それともわれが降らせるのか あなたがたは あなたがたが耕す 畑の ことを考えたか あなたがたは あなたがたの射出するもの 精液 に就いて考えたか あなたがたは 灯火に就いて考えたか あなたがたは 確かに最初の創造を知っている それでも何故留意しないのか あなたに平安あれ と右手の仲間から 挨拶される いや わたしたちは 労働の成果を 取り上げられた かの女らを 永遠に汚れない 処女にした かれに対する報奨は 安心と満悦 そして至福の楽園である かれらは それで後の障を残さず 泥酔することもない かれらは 刺のないスィドラの木 かれらは 焼け焦がすような風と 煮え立つ湯の中 かれらはそれ以前 裕福で 享楽に耽り かれらは錦の織物を 敷いた寝床の上に これが審きの日の かれらの持て成しである これは あなたがたが軽んじるような教えであろうか これらの者 先頭に立つ者 は アッラーの 側近にはべり これらは かれらの行いに対する報奨である これらは 右手の仲間のためである そこでは 無益な言葉や 罪作りな話も聞くことはない そして何時も言っていた わたしたちは死んでから 土と骨になり 本当に甦されるのでしょうか そして言うであろう わたしたちは本当に負債を課せられた その 燃やす 木を あなたがたが創ったのか それともわれが創ったのか その 魂 を 体内に 呼び戻さないのか もしあなたがたが 真実 を語っているの ならば その上煮え立つ湯を飲む その時 大地は大揺れに揺れる その時あなたがたは 3つの組に分けられる その時あなたがたは どうであろう 迷って 真理を 虚偽であるとした者よ それで腹は一杯 それならあなたがたは 臨終の人の魂が 喉もとを塞ぐ時 それは 秘蔵の啓典の中に 書かれてあり それは本当に偉大な誓いである もしあなたがたに分るならば それを創ったのはあなたがたなのか それともわれがその創造者であるのか だから偉大であられるあなたの主の御名を讃えなさい だがわれは同類の者で取り替え 世代の交替 またはあなたがたが知らない 他の形態の ものに あなたがたを創 り変え る まず右手の仲間 がいる 右手の仲間とは何であろう またあなたがたの飲む水に就いて考えたか またあなたがたは それを 虚偽であると申し立て あなたがたの暮らしを立てるのか また左手の仲間 がいる 左手の仲間とは何であろう また果実は かれらの選ぶに任せ もしかれが アッラー に近付けられた者であるなら もしかれが 右手の仲間であるならば もしかれが 嘘付きで 迷った者であるならば もしわれが欲するならば それを枯れた屑にしてしまう あなたがたは驚愕して止まない わたしたちの古い祖先も 甦されるの ですか わたしは 沈んでゆく星にかけて誓う われがもし欲するならば それを塩辛くすることが出来る あなたがたはどうして感謝しないのか われは あなたがたに死 期 を定めた われは 決して 出し抜かれたりすることはない われはあなたがたよりもかれに近いのである だがあなたがたには見えはしない われはあなたがたを創った あなたがたはどうして真実を信じようとしないのか われはそれを教訓とし また荒野の住民の便利のために創った 丁度秘蔵の真珠のよう 万有の主からの啓示である 信仰の 先頭に立つ者は 楽園においても 先頭に立ち 只 平安あれ 平安あれ と言う のを耳にする だけである 右手の仲間 右手の仲間とは何であろう 向い合ってそれに寄り掛かる 喉が乾いたラクダが飲むように 大きい輝くまなざしの 美しい乙女は 大罪を敢て犯していた 山々は砕けて崩れ 左手の仲間 かれらは何であろう 座って只 見守るばかりなのか 後世の者は僅かである 後世の者も多い 必ずあなたがたはザックームの木 の実 を食べ 必ず一緒に召集されるのである 定められた日の 定められた時に 愛しい 同じ年配の者 或る者は 低く落され 或る者は 高く挙げられよう 手に手に 高坏や 輝く 水差し 汲立の飲物盃 を捧げる 昔からの者が多数で 昔の者が大勢いるが 本当にこれは 揺ぎのない確かな真理である 本当にこれは 非常に尊いクルアーンである 本当にわれは かれら の配偶として乙女 を特別に創り 永遠の 若さを保つ 少年たちがかれらの間を巡り 涼しくもなく 爽やかでもない 中にいる 清められた者の外 触れることが出来ない 煮え立つ湧の待遇を受け 獄火で焼かれよう 種々の鳥の肉は かれらの好みのまま 粉粉になって飛散する 累々と実るタルフ木 の中に住み 絶えることなく 禁じられることもなく 取り放題 絶え間なく流れる水の間で 至福の楽園の中に 住む 言ってやるがいい そうだとも 昔の者も後世の者も 誰も その起るのを 嘘であるとしなくなる 豊かな果物が 起るべき 出来事が起る時 長く伸びる木陰の 高く上げられた 位階の 臥所に 着く 黒煙の影に